top of page
検索
  • 執筆者の写真スマイル株式会社

内覧(内見)チェックポイント

こんにちわ。

スマイル株式会社のNです(^^)


本日は、”内覧もしくは内見(以下、内覧)”についてです。


内覧とは、住まいを探すときに物件の内部を見学することです。

快適に住めるかどうかを左右する大切な内覧のチェックするポイントを以下であげでいきます。

まずは、持っていったほうが良いもの。

・メジャー

 洗濯機等、家具家電の設置場所をはかる。

・カメラ(携帯でOK)

 動画等でイメージを残しておきましょう。

・方位磁石(携帯でOK)

 日当たりにこだわるなら必須です。

・懐中電灯(携帯でOK)

 電気の通っていない物件もある為、持っていくのがおススメ。

次に内覧でのチェックポイント。

・日当たり

 洗濯物だったり、湿気だったり結構重要です。

・臭い

 水回りの臭い、タバコの臭い、近隣の飲食店からの臭い。どこからどんな臭いがするかチェックしておきましょう。

水回りの臭いは使用している間に消える場合もあるので、不動産業者の方に確認しましょう。

・設備のチェック

 窓、ドア、クローゼット等の金具はゆるんでないか確認して、修繕してもらえるか確認しておきましょう。電気が通っているなら、インタホーンやエアコンもチェックしておいてもいいかもしれません。入居後、すぐに言えばなおしてもらえる場合もほとんどです。

最近の記事では、シャワーの水圧をチェック項目に記載されている場合が多いですが、クリーニングが入っていたり、水道料金の関係でできない物件もありますので要確認です。

・遮音性

 たまたま近所の住民の方が音を鳴らしてくれたら良いですが、そうでない場合は軽く壁を叩いてみましょう。中身が詰まったような音なら遮音性は高いと考えられます。また、参考までに鉄筋系(RC造、SRC造)の物件は遮音性が優れた物件が多いです。

・部屋の傾き

 見た目ではわかりにくいですが、傾いているなと感じたらスマホアプリや転がりやすいもので傾きをチェックしてみましょう。傾いてたら耐震に不安があります。


・カビ、汚れ、キズ

 退去時に退去費用が高くなる可能性もあるので要注意です。もともとのキズ、汚れ等は不動産業者に報告をお忘れなく。カビに関しては、大量発生すると人体に影響を及ぼす可能性もありますのでご注意下さい。

・ネット環境

 今や必須のネット環境。携帯ショップ等で見る電波エリア地図?ようなもので見て大丈夫でも繋がりにく場所はあります。また、コンセントが少ない物件もあります。タコ足配線で繋ぎすぎると危ないのでコンセントの数も大切です。

・内覧以外でチェックするとこ

 ・治安、交通、スーパー等の周辺環境。

  治安は不動産業者や地元の友人等に聞くのがおススメです。

 ・住民トラブル

  掲示板を要チェック!どのような内容が張り出されているか確認しておきましょう。また廊下等にゴミが置かれたままにしていないか等も見ておきましょう。


以上、いかがだったでしょうか?

この他にも気になるところは、契約前に事前に聞いておきましょう。

聞いたからといって契約しなければならないわけではありませんので、ご安心を(^^)


では、今日も最後まで読んで頂きありがとうござました。


See you with a smile!!



 

 

 

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page